自宅カラオケの防音対策!うるさいと言われないための防音グッズ

自宅カラオケの防音対策!うるさいと言われないための防音グッズ

「カラオケの声が隣の家に漏れてうるさいと思われていないかな?」

Switchやスマホアプリを使って、マンション・アパートでカラオケを楽しむ場合、隣の家に音が漏れていないか心配になることでしょう。

そこで本記事では、自宅カラオケの防音対策について詳しく解説します。一戸建ての方も必見です。

 

1. 自宅カラオケの音の大きさ

マンションやアパートで自宅カラオケをした場合、どのくらいの音が生じるのでしょうか。

1-1. 自宅カラオケの大きさと他の例

自宅カラオケの大きさ

普通の声の大きさが60db、カラオケの店内中央で計測した音が90dbなので、自宅カラオケをした場合の音の大きさは60~90dbだと推測されます。一人で歌う場合を想定していますが、二人以上だとさらに大きくなる可能性があります。

60~90dbといってもイメージしにくいと思うので、他の音の具体例も下表にまとめました↓

 音の大きさ 具体例
60db 走行中の自動車内
普通の会話
デパート店内
70db 高速走行中の自動車内
騒々しい事務所の中
セミの鳴き声(直近)
80db 走行中の電車内
救急車のサイレン(直近)
パチンコ店内
90db カラオケ音(店内中央) 犬の鳴き声(直近)

具体例を見ただけでも分かる通り、自宅カラオケは相当大きな音です。騒音で苦情を言われないか心配になりますよね。

参考:深谷市「騒音の大きさの目安

1-2. 騒音の基準

自宅カラオケは、果たして騒音になるのでしょうか?

環境省が定める騒音基準では、昼間は55db(デシベル)以下、夜間は45db以下の環境が望ましいと推奨しています。

最初にご紹介した自宅カラオケの音の大きさは、直接聞いた場合の大きさです。つまり、間の壁や床などは考量されていません。よって、自宅カラオケの音の大きさだけ見ると、騒音基準をオーバーしていますが、実際は壁が音をある程度遮断します。

とはいえ、音をどれくらい遮断するかは、建物の構造や厚みによって変化するため、防音対策なしで自宅カラオケをするのは避けたほうがいいです。

参考:環境省「騒音に係る環境基準について

 

2. 防音マイクで役立つ防音グッズ

防音マイク

防音対策が必要なことが分かったところで、自宅カラオケに役立つ防音グッズをご紹介しましょう。それは防音マイクです。

防音マイクは、一般的なマイクとは異なり、声が周囲に漏れにくいよう設計されており、「ミュートマイク」や「消音マイク」とも呼ばれます。口の周りにぴったりフィットするカップ型カバーが一般的で、防音素材+口を覆う構造により歌声を吸収します。

 

3. 自宅カラオケの防音対策

日常的に家でカラオケを楽しむのであれば、専用の自作防音部屋を用意するのもおすすめです。先ほど紹介した防音マイクと組み合わせれば、より高い効果が期待できるでしょう。

防音部屋づくりで意識したいポイントは、次の3つです。

3-1. 壁:吸音材 / 吸音パーテーション

吸音材

壁の防音対策には、吸音材もしくは防音パーテーションを使いましょう。歌は、空気伝播音と呼び、空気中を伝わって耳に届きます。空気伝播音が壁に届いたとき、壁に反射された音が自分に聞こえる音で、すり抜けた音が隣の家に聞こえる音です。よって、すり抜ける音を少なくさせるのが吸音材の役割となります。

 

3-2. 窓・ドア:防音カーテン&防音テープ

防音カーテン

窓は、隙間がある、厚みがないといった点で、音が漏れやすいです。そこで効果的なのが、防音カーテン。一般的なカーテンよりも重なりと厚みを増やすことで、遮音性が高めています

 

防音テープ

また、窓の隙間には防音テープを使いましょう。100均でも手に入るので、一番最初にできる防音対策です。ちなみに、窓だけではなくドアにも使えます。

防音テープは、適切な厚みのものを用意する点がポイントでしょう。ドアを閉めた際、「少し閉めにくい」と感じる程度がちょうどよいです。

 

3-4. 床:防音マット

防音マット

「カラオケに床は関係ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、実は、防音マットの効果も見逃せないものです。

カラオケをする際、自分でも気付かないうちに足で拍子をとることがあります。また、スピーカーで音を流すと振動音が生じます。これらの音は固体伝播音といって、物体を通じて建物中に広がります。

この固体伝播音は、防音カーテンや吸音材では防ぐことはできません。そこで役立つのが防音マットです。

おすすめはMUTEの防音マット「防音専科歌声や足音といった音を防ぐ、世界最高レベルの防音性を持った防音マットです。

 

まとめ

  • 自宅カラオケの音量は、60~90db
  • 騒音の基準は昼が55dbで、夜が45db
  • 対策方法①は防音マイク
  • 対策方法②は防音の自宅カラオケ部屋作り
  • 壁・窓・隙間・床それぞれに適切な対策アイテムを用いること 

 

MUTEの防音マット「防音専科」について詳しく知りたい方はこちら↓

防音マット 防音専科

 

MUTEの防音マット「防音専科」についてもっと知りたい方は↓

 MUTE 防音専科って本当のところ買ってよかった?レビューや口コミを調査!

 

防音についておすすめのブログはこちら↓

 ピアノの防音対策!壁・窓・床への響きを抑える方法を徹底解説

 ギターの防音対策!静かに練習するために必要な防音グッズを解説!

 ドラムの防音対策!自宅演奏に必須のおすすめ防音マットとは? 

 壁の防音対策を始めるなら絶対に知っておくべき事実と対策グッズ!

 防音パーテーションの種類と使い方! 家庭用におすすめなのはどれ?

 

ブログに戻る