防音パーテーションの種類と使い方! 家庭用におすすめなのはどれ?

防音パーテーションの種類と使い方! 家庭用におすすめなのはどれ?

オフィスで使われることが多い防音パーテーション。おしゃれなもの、機能性に特化したもの、いろんな種類がありますが、家庭用で使う場合はどのようなパーテーションがいいのでしょうか。

この記事では、防音パーテーションの種類をはじめ、選び方や使い方について解説しましょう。

 

1. 防音パーテーションとは

まずパーテーションに特徴をご紹介した上で、防音パーテーションがどのようなものか解説しましょう。

1-1. パーテーションの特徴

まず「パーテーション」とは、オフィスや店舗などに設置して、空間の仕切りや飛沫防止、視線の遮断などさまざまな用途で使用される品です。主な特徴は次の3つ。

  1. 工事をせずに空間を作ることができる
  2. サイズ展開が豊富にある
  3. 目隠し効果がある

では、防音パーテーションはどう違うのでしょうか。

1-2. 防音パーテーションとは

一般的に「防音パーテーション」とは、上の特徴に加え「吸音効果がある」パーテーションのことです。吸音性の高い素材を使用していることから、「音漏れを防ぎたい」「周囲の音を遮りたい」といった用途で、オフィス、店舗、家庭など、さまざまな場で活用できます。

ちなみに、「防音効果」ではなく、「吸音効果」とした理由ですが、防音は遮音と吸音の組み合わせを指します。しかし、市場で売られている防音パーテーションは、「フェルト」「グラスウール」「ウレタンフォーム」といった吸音性を高める素材を使用しています。よって、防音パーテーションというより、吸音パーテーションと呼ぶ方がより正しいのですが、この記事では分かりやすさを優先して「防音パーテーション」呼びます。

 

2. 防音パーテーションの種類と使い方

防音パーテーションの種類

防音パーテーションは、設置方法によってさまざまな5つのタイプに分類されます。それぞれ、特徴と使い方の例をご紹介しましょう。

No. 種類 特徴 使い方の例
1 足つき
タイプ
  • 安定して立つことができる
  • 簡単に移動させることができる
  • 仕切りにする
  • 待合空間をつくる
2 つっぱり棒
タイプ
  • 床にスペースをとらない
  • しっかりと固定できる
  • 仕切りにする
  • 待合空間をつくる
3 折りたたみ
タイプ
  • 設置が簡単にできる
  • コンパクトに収納できる
  • 壁の防音をする
  • 簡易部屋をつくる
4 卓上設置
タイプ
  • 限られたスペースに設置できる
  • 簡単に持ち運びができる
  • 仕事や勉強の集中環境をつくる
5 ブース/ボックスタイプ
  • 囲まれているため防音性が高い
  • より集中できる環境を作れる
  • 仕事や勉強の集中環境をつくる

 

大きさや素材によって価格帯はさまざまです。用途に合わせて最適な種類を選びましょう。

家庭用に選ぶとすると、たとえば、子供の勉強環境、大人のテレワーク環境を作りたい場合は3の「折折りたたみタイプ」、4の「卓上設置タイプ」、5の「ブース/ボックスタイプ」あたりがおすすめです。

寝室の防音対策をしたい場合は、3の「折折りたたみタイプ」を使って、ベッドの周りを囲むという使い方ができます。

  

3. 防音パーテーションの使い方と選び方

家庭用として防音パーテーション使うシーンを掘り下げてみましょう。先にも書きましたが、例えば次の使い方がおすすめです。

  1. ワークスペースに置いて、集中環境をつくる
  2. 寝室に置いて、睡眠環境を改善する
  3. 趣味スペースに置いて、騒音トラブルを避ける

3-1. ワークスペースに置いて、集中環境をつくる

在宅ワークや自宅学習中をする場合、生活音や作業音、外からの騒音が気になるものです。そんなとき、防音パーテーションを活用すれば、防音効果だけでなく目隠し効果も期待できます。周囲の環境に左右されずに、作業効率を高められるでしょう。

おすすめ→折りたたみタイプ、卓上設置タイプ、ブース/ボックスタイプ

3-2. 寝室に置いて、睡眠環境を改善する

近隣住民の生活音や話し声、電車や車などの騒音が気になって眠りにつけない場合も防音パーテーションは有効です。自宅内の生活音はもちろん、自宅の外から聞こえる音も抑えられるため、寝つくまでの時間が短縮されるだけでなく、眠りの質も高められるでしょう。

おすすめ→折りたたみタイプ

3-3. 趣味部屋・趣味スペースに

映画、ゲーム、音楽などの趣味を楽しむ際は、防音パーテーションを設置することで、外に漏れる音を軽減できるため、他の家族や近隣住民とトラブルになる確率を下げられます。

おすすめ→ツッパリ棒タイプ、折りたたみタイプ、ブース/ボックスタイプ

他にも、こんな使い方できます。

  • オフィスで待合スペースをつくる
  • リビングでキッチンの間に置いてしきりにする
  • 愛犬のケージ周りに置いて鳴き声を抑える

以上が、防音パーテーションの使い方です。まとめると、家庭用だと「折りたたみタイプ」が使いやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

パーテーションの種類と使い方
  • 防音パーテーションは、一般的に吸音性の高い素材を使用した防音対策アイテムである
  • 「足つき」「折りたたみ」「ツッパリ棒」「卓上設置」「ブース/ボックス」タイプの5種類がある

 

防音パーテーションと合わせて、床の防音対策をするならMUTEの防音マット「防音専科」がおすすめです↓

防音マット 防音専科

ブログに戻る