組み立て式の簡易防音室の防音効果は?賃貸でも使える?

組み立て式の簡易防音室の防音効果は?賃貸でも使える?

「簡易防音室って何?賃貸でも使える?」

楽器演奏やカラオケ、ボイストレーニング、オンライン会議、ゲームなどは、自宅でやるには大きな音が気になります。そこで役立つのが簡易防音室。

本記事では、簡易防音室について、種類や防音効果、メリットデメリット、おすすめの人などについて解説しました。

 

1. 簡易防音室とは

簡易防音室

簡易防音室とは、大人一人以上が入ることができる、内外の音を遮断・吸収することで防音する設備です。別名、「防音ユニット」「防音ボックス」「防音ブース」などとも呼ばれます。

ただし、「防音ボックス」「防音ブース」については、卓上に置けるサイズの物や、防音パーテーションを組み合わせて作った空間を指す場合もあります。

いずれにせよ、賃貸でも気軽に設置できるのが簡易防音室の特徴です。

 

2. 簡易防音室の種類

簡易防音室の種類

簡易防音室は、大きさや形状、材質などで様々なタイプがあります。また、似ているものもあるため、一度種類を整理をしました。

2-1. 組み立てタイプ

一般的に、簡易防音室と言えば「組み立てタイプ」のことです。吸音材や遮音シートが入った壁や天井を組み立てることによって、家庭でも手軽に組み立てられることができます。安い物で10万円、高い物で300万円くらいです

2-2. 卓上設置タイプ

デスクに置いて使用するタイプです。その形状から、「防音ボックス」「防音ブース」と呼ばれます。上半身を囲うような形状なので、集中できる環境になる一方で、人によっては閉塞感を感じるでしょう。

2-3. パーテーションタイプ

吸音素材で作られたパーティションで囲うタイプです。天井や入口が開いているため、簡易防音室というよりは、「簡易防音空間」「簡易防音スペース」と呼ぶぶのが合っています。

 

3. 簡易防音室の防音効果

様々なタイプがある簡易防音室ですが、この記事では「組み立てタイプ」を簡易防音室とします

気になる簡易防音室の防音効果を調査したところ、前後左右で平均「マイナス15~30db」程度でした。もちろん素材や形状、出す音によっても異なるため、あくまで目安としてください。

 

4. 簡易防音室のメリットとデメリット

防音効果が高い簡易防音室ですが、メリットとデメリットがあります。

4-1. 簡易防音室のメリット

簡易防音室のメリットは以下の通りです。

  • 組み立てが簡単なため、短時間で設置できる
  • 防音工事に比べると、費用が抑えられる
  • 工事をしないため、賃貸でも設置ができる

4-2. 簡易防音室のデメリット

簡易防音室のデメリットは以下の通りです。

  • 内部のスペースが限られており、長時間の使用は圧迫感を感じる
  • 密閉されているため熱がこもりやすく、冷房がないと夏の使用は難しい
  • スペースを多くとるため、部屋の空間が狭くなる

 

5. 簡易防音室を使うのがおすすめの人

簡易防音室は、様々な用途で使用されています。ここからは、簡易防音室の使用がおすすめの人について解説します。

5-1. 楽器演奏がしたい方

防音素材を含んだ壁や天井で囲む簡易防音室は、大きな音が出る楽器演奏におすすめです。バイオリンやフルートといったサイズであるなら、比較的小さな簡易防音室でも演奏することができます。ギターに関してはサイズがギリギリになるかもしれないので大きさを確認しましょう。

5-2. カラオケやボイストレーニングなどをしたい方

カラオケやボイストレーニングなどで声を出したい方にもおすすめです。ただし、楽器演奏にも言えますが、簡易防音室は吸音性が高いために発した声が消える感覚があります。可能であれば、吸音材だけを買って、試しに音の響きを確認するといいでしょう。

5-3. テレワークをしたい方

テレワークをしていると、「オンライン会議をしたいが家族に聞かれたくない」「オンライン会議中に生活音を流したくない」「仕事に集中したい」といった悩みがあるのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが簡易防音室です。家にオフィススペースを作れるので、テレワークの人やフリーランスの人は役立つでしょう。

5-4. ゲームをしたい方

オンラインゲームをしたい方、ゲーム実況をしたい方にとっても簡易防音室は役立ちます。コントローラーを動かす音やリアクションの声は意外と大きいので、簡易防音室のような空間で防音するといいでしょう。ただし、デメリットであげた通り、中は熱くなってしまうので、小型の冷房も一緒に購入しましょう。

 

まとめ

今回の記事の内容をまとめると以下のとおりとなります。

  • 簡易防音室は内外の音を遮断・吸収することによって防音する設備
  • 一般的に組み立て式のものを簡易防音室と呼ぶ
  • 会議や通話、楽器演奏、ゲーム、テレワークなどの用途に使える

 

簡易防音室でも防ぎきれないのが振動音です。床の振動音対策なら、MUTEの防音マット「防音専科」がおすすめです↓

防音マット 防音専科

MUTEの防音マット「防音専科」についてもっと知りたい方は↓

 MUTE 防音専科って本当のところ買ってよかった?レビューや口コミを調査!

 

防音についておすすめのブログはこちら↓

 最強の防音マットはこれ!1,000人アンケートで分かったおすすめ3選!

 防音工事の内容と費用相場は?自作の防音対策とどちらがいい?

 防音性が高い&騒音トラブルが少ないマンション選び7つのポイント!

 防音マットの効果を徹底比較!ニトリ VS コーナン VS MUTE

 防音性が高い建物の構造ランキング!木造、鉄骨造(S造)、RC造、SRC造は何位?

 ピアノの防音対策!壁・窓・床への響きを抑える方法を徹底解説